>  > 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:CT(ZWA10 Fスポーツ)】HOT STUFF エクシーダー E03 ダークシルバー 7.0Jx17NANOエナジー 3プラス 215/45R17

17インチ サマータイヤ セット【適応車種:CT(ZWA10 Fスポーツ)】HOT STUFF エクシーダー E03 ダークシルバー 7.0Jx17NANOエナジー 3プラス 215/45R17

17インチ サマータイヤ セット【適応車種:CT(ZWA10 VR6 Fスポーツ)】HOT STUFF エクシーダー E03 ダークシルバー ブレーキディスクローター 7.0Jx17NANOエナジー 3プラス 215/45R17

最近のトラックバック

« ディープ・パープル来日に思う | トップページ | 愛しの「暖かトロンボーン」 »

2009年4月27日 (月曜日)

サマータイヤ 215/45R17 Fスポーツ)】HOT E03 セット【適応車種:CT(ZWA10 エクシーダー ダークシルバー セット【適応車種:CT(ZWA10 ダークシルバー 7.0Jx17NANOエナジー 3プラス 17インチ STUFF

肌寒い一日。先週の土曜日から、ちょっと肌寒い日が続いている千葉県北西部地方。昨日は、風邪気味で一日調子が悪かった。ちょっと床に伏せっていたら、3時間ほど長い昼寝をしてしまい、夜が寝れなくて困った。悪循環である。

さて、今日もディープ・パープルの話題。昨日は『イン・ロック』のお話しをした。「レッド・ツェッペリンの成功で方向性が見えてきた。強力なリフとビートによるハードロックだ」。ということで、ハード・ロック色の濃いアルバムをリリース。それが『イン・ロック』。

このアルバムはイギリスチャート4位に入ったが、米国ではさっぱり売れなかった。そりゃあ バッテリー トヨタ アルファード CBA-ANH15W 平成16年6月-平成20年5月 アトラス プレミアム 90D23L、そうだろうなあ。ブリティッシュ・ロック独特の雰囲気、ウェットな、そして黄昏時のようなちょっと翳りのある、くすんだ渋い輝きの様な、独特の音だからなあ。

そして、次のアルバムが『Fireball(ファイアボール)』(写真左)。1971年のリリース。本国イギリスで初の1位に輝いた。僕は、この『ファイアボール』が、ディープ・パープルの第2期黄金時代のアルバムの中で、一番のお気に入りである。

なぜって? う〜ん、確かにそうだよな。イアン・ギランを除くメンバー全員が カーメイト エンジンスターター サンバー ワゴン H19.12~H21.09 TW系 スマートキーレスシステム無車 TE-W5100+TE20、このアルバムはイマイチだと言い、皆揃って辛辣な意見が多い。でもなあ〜。僕は [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L450 (SLP) 19インチ×9.0J PCD:120 穴数:5 インセット:54、このアルバムの底に流れる、ディープ・パープルのバンドとしての心意気を感じるんだよな〜。

確かに、

17インチ サマータイヤ セット【適応車種:CT(ZWA10 Fスポーツ)】HOT STUFF エクシーダー E03 ダークシルバー 7.0Jx17NANOエナジー 3プラス 215/45R17【現品限り一斉値下げ!】

、ハード・ロック路線を選択した。慌しいツアー活動の合間を縫ってレコーディングを行わなければならずメンバー達も集中してアルバムの製作を行うことが出来なかった、と言う割に、『ファイアボール』に収録された楽曲を聴いていると、何と言うか、バンドとしての意気込みを感じるんだなあ。

4曲目の「Anyone's Daughter」などは、カントリー&ウエスタン風のロック。う〜ん、ディープ・パープルらしくないぞ。でも、そんなところに「米国で売れたい」という気持ちがひしひしと伝わってくる。そして、6曲目の8分19秒の大作「Fools」に至っては、バンドとして、アーティスティックな面を引き出したいという意気込みを感じる。

この『ファイアボール』ってアルバムは、ディープ・パープルが、ロック・バンドとして、グループサウンドとしてのアーティスティックな面を精一杯追求したアルバムではないかと思うのだ。とにかく、収録されている楽曲全て、そして B1 BATTERY(ビーワンバッテリー) ダイハツ タントB1 バッテリー M-42 11/11~13/10 タント DBA-L385S、『ファイアボール~アニヴァーサリー・エディション』に収録されているアウトテイクを含めて、ディープ・パープルが一番アーティスティックだった時代の名盤だと思うのだ。

でも、なんだか垢抜けないのはなぜだ? 恐らく、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジの様なアレンジとプロデュースに長けた「軍師」がいなかったせいだと僕は睨んでいる。特に、アレンジが「いけてない」。恐らく、ディープ・パープルって、ヘッド・アレンジのみでの曲作りだったんじゃないのか、と想像している。

でも、この『ファイアボール』のアルバムからは、当時のディープ・パープルのバンドとしての矜持を感じる。実にポジティブに、実にアーティスティックに 、バンドとしてグループサウンドを追求した結果として、僕はこのアルバムが、ディープ・パープルのアルバムの中で一番、聴いたアルバムなのである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

投稿者 松和のマスター 時刻 20時34分 日記・コラム・つぶやき, 音楽, 70年代のロック, ロック, rock | 固定リンク

« ディープ・パープル来日に思う | トップページ | 愛しの「暖かトロンボーン」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-69790