軽量化

サマータイヤ 5.0Jx15ヨコハマ 165/55R15 サマータイヤ 165/55R15 SA-77R ウェッズスポーツ フォースブラッククリア エコス 15インチ セット【適応車種:デイズ(B21W系)】WEDS ES31

担ぐ荷物を軽くすることに努力するべきだ。どんな人でも思いより軽いほうが動きが早くなるでしょう。

不要なものは持っていかない。必要なものだけ持っていく。何をしに行くのか何を見に行くのか。自分の力を試すのならパフォーマンスを最大限に発揮できる準備をすることを第一に考えよう。

そんな感じの記事を見かけます。そのとおりじゃなー。自分もそうしようと始めました。あ、私は走ったりしませんよ。登れるだけで限界ギリギリです。その限界の中で距離を伸ばし地図の違うところにマークを入れたい。

それだけです。あ、写真とか動画で記録しておきたいかな。

遠方なだけに滅多に行けないところ。

そして練習してないととても行けないところ。

今しかない、もっと年をとればこんなところに来る気力も体力も持たないだろう。

大袈裟に思われるかもしれないが本当に無理なものは無理なんですよ。遠いって本当に残酷なんだぞ。

いまのこの時にやってなければ出来ないことを自分の実力を最大限に発揮してこなしたい。

重いと話にならんわ。

クッカーはチタンカップでアルコール燃料200cc。湯さえ沸いたらいい。自分で担ぐものは予備食程度に考える。

昼ごはんは小屋で。んで夕方ギリギリにラーメンとかカレー食ってビールのんで満腹。どうせ早寝するし。夜は行動食の残りとコーヒーとかスープとか。

朝にドライフード主にパスタ系を湯で戻す。歩きながらお菓子くってりゃいい。ソイジョイとか、一本満足バーとコーヒーだ。メインは小屋で食う。

で3泊なら一本満足バー3本?袋入りパスタ2個、行動食で袋詰めしたおせんべいとかアラレセットを作る。カレーメシの袋をジップロックに入れていく。

そう言えばうちの動画で東赤石の動画でカレーメシやったそのものが漫画になってたな。(ふふ

【汎用 アヴァンツァーレ】汎用 アクリルライトフィン 左右ワンペア 中(354mm)

久しぶりの石鎚山に登った。午後4時から金融との話し合いがあるのでそれまでに帰らねばならない。急ぎ行って急ぎ帰って仕事しませんと。

↑ 山開き後のシーズン中のロープウェイは7時40分が始発となるので成就社からのスタートは8時からとなります。一気に山頂を目指すのでございます。

↑ 今回はこの鎖だけチョイスして登ることに。試の鎖です。始めて登ることとここは下りが怖いなんて話を聞いていたのでこれまで敬遠していたんですけど登ってみたら大したことなくクリア出来ます。

↑ 頂上付近から見る青空綺麗だったので撮影上を向いたところです。一方のこれまで登って来た下の方を見て見ますと。

↑ 鎖の最後が見えないくらいの登りです。ただ、ここの登りはほぼ同じ勾配です。途中鎖が宙に浮かぶところもありますが工夫次第でどうにでも登れます。途中途中足を垂直に休めるところが一人分は確保されているのでゆっくりと楽しみながら登る分にはもってこいです。

↑ 大きな鎖の最後には鎖をつくった人の銘が彫られているのかな?

↑ ここの鎖は大阪で作ったものと聞いています。江戸時代か明治時代だとか。

↑ 試の鎖は単独の山頂があって全天で景色を見ることが出来る頂きがの登れます。このさきのルートが見れて楽しい。

↑ 先の山頂から見たこれから登る石鎚の山頂小屋です 。とても大変なところに小屋を建てたものだ。

↑ シコクギボウシだっけ?試の鎖下りのところに群生があります。良いポイントです OXバイザー フロントシェイダー グリーンスモーク ニッサン NV350キャラバン KS4E26。もう終わりかけですね。

下りの鎖を下から見るすごく垂直に見えるけどやはり下りは楽だ チェイサー(96.9~)GX100■プロジェクトμ ブレーキパッド D1 spec リア用左右セット。是非チャレンジを 【アクレ/acre】フォーミュラ800C [フロント用] 左右セット ブレーキパッド アテンザスポーツワゴン/MAZDA6 GH5AW / GH5FW (25Z除く) などにお勧め 品番:703。

↑ 八丁を越えて夜明かし峠

↑ ここで羊羹を一個食べた。暑い。すごく体中から汗が噴き出る。羊羹と水で休憩。

↑ 夜明かし峠 OXフロントシェイダー ミツビシ タウンボックス/ミニキャブバン (DS17V・DS17W) スモーク&ミラー全4色 はめ込み式フロントシェード

↑ ここに標高図夜明かしから山頂まで約300登る。普段なら一時間で登る高さだけど今日は特に暑い。

↑ ようやくたどり着いた山頂小屋

↑ 飴湯を一杯頼んだ。300円。 チャムスの財布が思いのほか使いやすくて買ってよかった。

↑ 山頂弥山で30分ほどガスが晴れるのを待っていたが、どうにも晴れないので突入する。

↑ 天狗岳付近直前。逆方向に弥山小屋の方を向いたところ。高所恐怖症だったけどだいぶ慣れてきたのか雲で下が見えないからなのかひょいひょい山頂へ。

↑ ロープウェイ下り。ガスに包まれて下山。

今回の?今季初の石鎚山登山。

気温の上昇とともに体の力が抜けていく。練習不足と体力が奪われる感じがする。何でこんなにしんどいのかと自問自答した。これまでのこの山にここまで疲労感は感じなかったんだけど今回の疲れは途中で引き返そうかと思うほどの疲れ方でした。

「次のアルプス山行の計画を小刻みにしたほうがいい。これは大変やワシ死ぬわ。」

今回は登っている途中でこう思うほどだ。鏡平で一泊して二日目は三俣蓮華でテント泊くらいの年配者ペースでやろう。双六でテント泊とかもぅやれんわ。と。

話は戻して石鎚へ

 水は普段より倍ほど飲んだ。いつもなら600ccで下ってしまう。今回は1.5Lほど飲んだ。

それでも駐車場に戻るとお土産屋さんで駐車場の泉屋のおとうさんがあんたが一番早かったよ。って言ってくれたんだけどホント大変でした。自分が下る途中に登り始めている親子が数組。

中には小学校に上がる前の小さい子を2人連れてお母さんだけで登ってる。

この母親はこのくらいの子供が疲れ知らずで登るのは知っているのだろうか。ある一定の運動をした後ゼンマイが切れたように動かなくなるものだ。有名な観光地登山だから大丈夫と思っていてもあんなに道がはっきりとしていても下りで支線に入ってしまって戻れなくなって迷う親子の事例が二年前にありました。

一人なら大丈夫なところも親子でとなると複雑な状況が発生するんだろうと思う。

どんな山でも危険と隣り合わせであることを知っておきたい。

WinmaX STREET ATS SUZUKI キャリー,エブリィ リアシュー用 【品番S9943】 型式DC51T,DD51T AT 年式90.02-

3軸ジンバルでの撮影

 

↑ 山登りに三軸ジンバル。大変重たい。

↑ ジンバルだけで2kg重量でカメラ入れると2キロ半あるはず。

↑ 今日の写真は全部iphoneでの撮影ですので勘違いなさらぬよう。

↑ 山頂で食事準備。

今日も時間短縮でガス。 湯を沸かしてカレーメシをつくる。

↑ ファミチキと描いているけど中身はコロッケだ。

↑ カレーメシオンザコロッケ CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747 (クラブリネア L747) 19インチ 9.5J PCD:120 穴数:5 inset:30 DISK TYPE:LOW カラー:ブロンズクリア [ホイール1本単位]/H。

↑ 付属のソースがまたカレーと相まってうまさを引き立てる!地上よりうまいカレーになったと言ってもいいくらいのカレー料理となります ブリッツ ニュルスペックVS マフラー CX-3 LDA-DK5AW 63164 取付セット BLITZ NUR-SPEC VS スポーツマフラー【店頭受取対応商品】。これならどこまでも歩けそうな気がする。

↑ 終始ガスでおおわれているだけだった。

↑ タイム落ちた。久しぶりに登ると筋力の低下が解る。

雨凄かったですね。

山はどうなっているのか心配ですが、地上の水害ニュースはなかなかシビアな情報が飛び交っていました。今も復旧と状況を確認することで各自治体は大きな壁に直面しているようです。

この2週間山に登ることが出来ない状況にありましたので今週から再開しようと思っていたんですけど週末は仕事が入りました。せっかくの連休も二日とも潰れています。まぁ、慣れっこになってしまいましたが結局潰れるんです。計画してても潰されるので後半戦は断る位の勢いでいこうかと。

とは言え断れないのが現実で。

15日16日それぞれ別件です。

22日も潰れます。実質今月は練習の山を数回登る程度。

本格的な負荷をかけた練習は出来そうにありません。お盆まで1カ月なんだよなぁ。

そうそう、トレントフライヤーを新調しました。やはり軽いのがいい。179g。これまでストームクルーザーより確実に軽く嵩張らない。夏はこれだ。地上ではストームクルーザーで良いだろう。