>  > ■柿本改 DBA-ZC6 BRZ ClassKR マフラー FA20 (NA) カキモトレーシング エキゾーストシステム カー用品 自動車パーツ

■柿本改 DBA-ZC6 BRZ ClassKR マフラー FA20 (NA) カキモトレーシング エキゾーストシステム カー用品 自動車パーツ

BRZ マフラー 自動車パーツ カー用品 ■柿本改 自動車パーツ エキゾーストシステム DBA-ZC6 カキモトレーシング (NA) FA20 ClassKR エキゾーストシステム

■柿本改 DBA-ZC6 BRZ ClassKR マフラー FA20 (NA) カキモトレーシング エキゾーストシステム 5人乗 カー用品 自動車パーツ SPORT

  • トリビア

2017.1.31

サラブレッドの毛色は、真っ白な白毛からほとんど真っ黒に見える青毛まで全部で8色あります。

(毛色の詳細については、「どの毛色が好み?サラブレッドの毛色 全8色を人間で再現してみた」をご覧ください。)


でも毛色の割合をみると、鹿毛のサラブレッドは40%以上いるのに、芦毛はたった5%程度。

しかも [ACRE] アクレ ブレーキパッド フォーミュラ700C フロント用 フォルクスワーゲン ゴルフIII 2.0 GTi 16V 1HABF 96.9~98.8 ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円、軍馬として馬を生産していた時代には芦毛の明るい毛色が敵に見つかりやすいとして嫌われ、日本の競馬においても昭和初期までは芦毛は走らないと言われて敬遠されていました。


そんなわけで受難の時代が続いた芦毛ですが、競走能力が他の馬に比べて劣るなんていうことはありません!


実際に1998年・1990年『有馬記念(GI)』や1990年『安田記念(GI)』を勝ちJRA顕彰馬(競馬界の殿堂入り)となった「オグリキャップ」、2001年『武蔵野ステークス(GIII)』、『ジャパンカップダート(GI)』(現チャンピオンズカップ)をレコードタイムで制した「クロフネ」など芦毛の名馬だってたくさん!



そして最近増えている競馬女子たちの間では、芦毛は人気がある毛色の1つでもあるんです。


ところで [ACRE] アクレ ブレーキパッド フォーミュラ700C フロント用 プジョー 307 ハッチバック 2.0 CC 3CCRFJ 05.11~08.11 ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円、栗毛は両親が栗毛だった場合100%栗毛の馬が産まれますが、

■柿本改 DBA-ZC6 BRZ ClassKR マフラー FA20 (NA) カキモトレーシング エキゾーストシステム カー用品 自動車パーツ



適合詳細

入荷日2017/05/23
メーカー名柿本改(カキモトレーシング)
商品名ClassKR
品番B71344
自動車メーカーSUBARU
車種BRZ
グレードRA/R/S
車両型式DBA-ZC6
エンジン型式FA20 (NA)
年式12/3~
パイプ径60
素材オールステンレス
テール径115SLASH
駆動形式FR
ミッション6MT/6AT
タイコサイズ(φ)-
出口方向S(左右)
基準JQR認証(性能等確認済表示)
JQR , JASMA番号JQR10121090
近接排気騒音93dB (6MT)、88dB (6AT)
備考リアピースのみ。
商品詳細や適合車表はここをクリックしてご確認ください。
※車種によって取り付け部分の形状などが異なる場合がございますので商品写真は製品のイメージとご理解ください。id_subabrzz

芦毛は両親ともに芦毛でも他の毛色が産まれることがあるんです。


その理由は、芦毛の遺伝子にあります。

皆さんは中学生で習う「メンデルの法則」を覚えていますか?


たとえばエンドウ豆には、しわのあるエンドウ豆としわのないエンドウ豆があります。それはエンドウ豆がどんな遺伝子を持っているかで決まります。

しわのないエンドウ豆が持つ遺伝子Aは、しわのあるエンドウ豆が持つ遺伝子aに対して優性なので、子孫がAAかAaの遺伝子を持てばしわのないエンドウ豆に、劣性同士の遺伝子aaの場合はしわのあるエンドウ豆になります。


芦毛の遺伝子も、しわのないエンドウ豆同じく優性の遺伝子です。

そのため芦毛の遺伝子Gを持てば、芦毛以外の遺伝子gとの組み合わせGgの場合でも芦毛が産まれます。

ところが父Gg×母Ggの芦毛の両親を持つと、仔はggとなる可能性もあり 、その場合芦毛以外の毛色の仔馬が誕生します。

2000年の『比叡ステークス(1600万)』などを勝った「サンエムエックス」も CF6-7/CH9 アコードワゴン リアバンパーカバー / リアハーフ【ムゲン】CF6/7.CH9.CL2 リアアンダースポイラー メーカー塗装品、父は芦毛の「ビワハヤヒデ」、母「ミスマルシゲ」も芦毛でしたが、自身は鹿毛でした。


ちなみに両親のどちらかがGGの遺伝子を持つ芦毛の場合は、何色の馬と交配しても芦毛の仔が誕生します。

かつてフランスで競走馬として活躍し、その後フランスと日本で種牡馬になった「メンデス」という種牡馬がいて、仔は必ず芦毛でした。このことから、100%芦毛になる遺伝子については「メンデスの法則」と呼ばれたこともあります。


先に挙げたクロフネやオグリキャップからは、芦毛以外の毛色の仔も誕生しているので、Ggの遺伝子を持っているということになりますね。


そして芦毛よりさらに珍しい白毛は、JRAに登録されている競走馬が8000頭近くいる中で「マーブルケーキ」、「シロニイ」、「ホワイトドラゴン」のわずか3頭(2017年1月31日現在)しかいません。



では、白毛はどうやって誕生するのでしょうか!?

それは「親からの遺伝」と「突然変異」の2タイプがあります。


先に挙げたマーブルケーキ、シロニイ、そして先日引退したばかりのブチコの3頭の白毛の馬はいずれも母が白毛の「シラユキヒメ」で ホンダ純正 フロントインナーカバー PB190 テラブルー 64311-GW0-000ZD HD店、親からの遺伝です。

ですが、シラユキヒメのお父さんは青鹿毛の「サンデーサイレンス」、お母さんの「ウェイブウインド」は鹿毛なので、シラユキヒメは突然変異で白毛になったのです。



ちなみに白毛を除く7色のサラブレッドの地肌は黒っぽく、歳を取るにつれて毛色が白くなる芦毛でさえ、白くなったからといって地肌の色が薄くなることはありません。

しかし、白毛だけは生まれた時からピンク色の地肌をしています。


毛色以外にも、競走馬として一番大切な競走能力を含め性格など色々なものを両親から受け継ぎますが、人間と同じように受け継がれ方は千差万別!


競走馬というと父系に重きを置く傾向がありますが、2015年にはアメリカで競走能力は父よりも母の影響が大きいという研究結果も発表されています。


実際にどのように遺伝するかは「神のみぞ知る」ですが、父系だけでなく母系の血統に注目してみると、

■柿本改 DBA-ZC6 BRZ ClassKR マフラー FA20 (NA) カキモトレーシング エキゾーストシステム カー用品 自動車パーツ

、また新たな発見があるかもしれませんね!

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-29935